レプトン カード館 第58回 デュエルマスターズCS 優勝〜ベスト8、サブイベントデッキ紹介

2019.08.06 Tuesday

0

    第58回 デュエルマスターズ

     

    レプトンカード館CSレポート

     

           文責 森田克伸(ヘッドジャッジ)

     

     

    今大会は、102名での開催となりました。

     

    今回は、近隣のCSと日程が被っており、両方にエントリーされている方が多数おられ、

    実際には参加されない方がギリギリまで参加予定者のリストに載ってしまっていたため、

    参加できそうにないと諦めたという声も複数聞いております。

     

    キャンセル連絡は、受けた店舗が反映し、

    それを見た参加希望者が正しい状況が伝わった上で

    大会当日の予定を決めることが出来ないと意味がありません。

     

    当CSでは、その期限を前日夕方18時とさせていただいていますが、

    正直この時間でも、翌日の予定を決めるには十分だと言い切るのは

    難しい時間です。

     

    当CSでは、これまで、止むを得ない事情で

    ギリギリでのキャンセルになることもあるだろうということで、

    基本的には1回のキャンセルの遅れやキャンセル忘れで

    いきなりペナルティを出したりしてはいませんでした。

     

    しかし、今回、ギリギリまで都合の良さそうな大会を

    見極めたいという個人的事情から

    他の参加希望者に迷惑をかけた方が多くいらっしゃることを

    重く受け止めているため、今後何らか対策を検討させていただきます。

     

     

    デッキ分布

     

     

    一番人気はモルトNEXTでした。 

    有力なデッキではあるものの、

    ここまで圧倒的な使用率になるとは考えておりませんでした。

     

     

    ベスト8

    モルトNEXT…2

    ドギラゴン剣リペア

    4Cバラギアラ

    青黒ハンデス

    5Cビッグマナ

    赤単ブランド

    赤白バイク

     

    使用者1名のデッキがベスト8まで多数勝ち残りました。

     

     

     

    決勝対戦レポート

     

    ヤハウェ選手(モルトNEXT)

      対 ヨシ選手(ドギラゴン剣リペア)

    以下、敬称を略させていただきます。

     

    ヤハウェは鳥取1位を争う強豪。

    近場でのCS開催が少ないためにポイント数では割を食っているが、

    3週前にも優勝を果たしており、コンスタントに好成績を残している。

    当CSでも準優勝の経験があるが、

    その時は対戦相手の超ブン回りで戴冠を阻まれている。

    雪辱はなるか?

     

    対するヨシは、当CSの立ち上げから活躍している古豪。

    ベスト8以上は多数あり、エリア大会のベスト8にも入賞経験があるものの、

    CSの決勝は今回が初。

    誰もが予想だにしなかったドギラゴン剣リペアで初の戴冠を成し遂げるか?

     

    先行はヨシ。しかし、先行するのはヤハウェ。

    2ターン目のメンデルスゾーンでマナを伸ばすも

    1ブーストに留まる。

    3ターン目、ヨシはゼノシャークから制限カードを探す構え。

    対するヤハウェは決闘者チャージャーでさらにマナを伸ばす。

     

    ヨシはオニカマス・グレンニャーと戦線を横に伸ばして

    ゼノシャークで攻撃。

    デッキからドギラゴン剣を探す…

    しかし、デッキにドギラゴン剣は無い。

    自身のSトリガーを確認し、ドギラゴールデンを手札に加える。

    対するヤハウェはメガマグマドラゴンで

    ヨシのクリーチャーを一掃する。

     

    ヨシはチュリスから革命チェンジでドギラゴールデン。

    メガマグマドラゴンをマナに送るが、

    ブレイクはハヤブサリュウに阻まれる。

    返す刀でヤハウェはモルトNEXT。

    選んだカードはハートバーン。

    一撃での決着を目指すが、ヨシのシールドからは

    ドンドン吸い込むナウがトリガーし、簡単な決着は許さない。

    負けじと再度のチュリス召喚から

    2体目のドギラゴールデンへ革命チェンジ。

    しかし、今度はヤハウェのシールドからシシオーカイザーがトリガー。

    ここでドルマゲドンが禁断解放し、後続を断つ。

     

    ヤハウェは再度のモルトNEXTで、今度はバトガイ刃斗。

    アタックトリガーでドラゴンを捲り当て、

    龍解で過剰打点を作り、今度こそヨシに止めをさした。

     

    優勝は ヤハウェ !!

     

    おめでとう!

     

     

     

     

    上位入賞者デッキ発表 

     

    優勝 

     

    ヤハウェ 選手

     

    モルトNEXTです

     

    ボルシャックドギラゴンを強く使うことを意識したリストとのこと。

    今大会は、全ての対戦で2ターン目にメンデルスゾーンを打ったとのことで、

    予選全勝からの9−0で優勝を決めました。

     

     

     

     

    準優勝 

     

    ヨシ 選手

     

     

    ドギラゴン剣リペアです

     

    2ターンオニカマスから3ターン目に

    チュリスバスター→アパッチウララーという

    ブン回りを見せた対戦もあるとのことで、今大会の台風の目となりました。

     

     

     

     

    第3位 

     

    流星 選手

     

     

    4Cバラギアラです。

     

    ほとんどの対戦をチャフ・カッターからの攻撃で勝利したとのことで、

    バラギアラビートなどと呼ばれる一幕がありました。

     

     

     

     

     

    第4位 

     

    ぎゃる男 選手

     

    青黒ハンデスです

     

    準決勝では、対戦相手が先行2ターン

    メンデルスゾーンで2マナ加速→

    ハンデスでスクランブルチェンジを捨てさせる→

    相手トップデッキのフェアリーギフトからの

    モルトNEXTという交通事故のようなブン回りを受けながらも、

    後1ターン耐え切れば勝ちというところまで持ち直し、

    ギリギリの勝負を演じました。

     

     

     

     

    ベスト8 

     

    アゴミ 選手

     

     

     

     

    ベスト8 

     

    ネコミミ 選手

     

     

     

     

    ベスト8 

     

    まりすま 選手

     

     

    ベスト8 

     

    みやびちゃん 選手

     

     

     

     

     

    サブイベント  

     

    プレイマット争奪トーナメント

    参加者 28名

     

    優勝 

     

    大魔王はるちゃん 選手