レプトン カード館 五日市店 第38回デュエルマスターズ 優勝〜ベスト8、サブイベントデッキ紹介

2018.09.27 Thursday

0

    第38回 レプトンカード館 

    デュエルマスターズCSレポート

     

    文責 森田克伸(ヘッドジャッジ)

     

    今大会は、81名で開催いたしました。

     

     

    デッキ分布 

    轟轟轟ブランド  13      赤単8 赤単覇道入り1 赤白4

    ジョーカーズ      13      ジョラゴン11 ガンバトラー1 自然1

    チェンジザダンテ 11   緑青白8 サッヴァーク2 青白黒1

    ドギラゴン剣      11        赤青2 赤青白4 赤青黒3 赤黒1 赤黒白1

    ブライゼシュート 6

    オールデリート  3   星竜2 その他1

    デスザーク 3      

    5cビッグマナ    3      

    轟破天九十九語  3      

    青黒ハンデス      2      

    赤黒デッドゾーン        2      

    チェイングラスパー    1      

    墓地ソース 1      

    モルト王    1      

    天門  1      

    サッヴァーク      1

    ジャスティスループ    1

    ウーニループ      1

    ロージアダンテ  1

    成長ミラダンテ  1

    ドロマーコントロール 1

    5cコントロール 1

     

    緑ジョーカーズでの参戦者はおられましたが(ベスト16でした)、

    全体的に新カードの採用は少なかったようです。

     

    QQQXが使用されることを想定して暫定の裁定も発表いたしましたが、

    ルールが一般に周知されていなかったため、

    残念ながら使用に踏み切れなかったという方もおられたようです。

     

    デスザークはメタられにメタられた結果、数を大きく減らしてしまいました。

     

     

    ベスト8

    ジョラゴンジョーカーズ…2

    赤黒デッドゾーン…1

    チェンジザダンテ…2

    オールデリート…1

    赤単轟轟轟ブランド…1

    赤白轟轟轟ブランド…1

     

    人気の高かったデッキが順当に上位入賞する中、

    ドギラゴン剣だけベスト8に残れていません。

    他のデッキより幾分メタられ易いのが原因でしょうか?

    前々回は一番人気、その前はレヴィヤターン入りが登場と、

    ここ最近人気上位をずっと維持しているため、

    なかなかガードが下がらない傾向のようです。

     

     

    決勝レポート

     

    決勝は、「ゆうや」選手(ジョラゴンジョーカーズ) 

      VS 「レムきゅ」選手(赤黒デッドゾーン)

         以下、敬称を略させていただきます

     

    「ゆうや」は、現在広島県ランキング1位を走る強豪。

    年齢に似合わない、落ち着き払ったプレイングが印象的だ。

    対する「レムきゅ」は今年度からCS参加を始め、

    当CSでは初のベスト8進出となる新鋭。

     

    ゆうやは落ち着いた面持ちで、

    レムきゅは幾分緊張したような様子で準備を進める。

     

    先行はゆうや。

    ジョジョジョジョーカーズからジョットガンジョラゴンを手札に加える。

    2ターン目はサイコロプスでドローを進める苦しいアクションだが、

    3ターン目にはパーリ騎士で加速に成功する。

     

    対するレムきゅは3ターン目までノーアクション。

    深いため息と共にターンを返す。

     

    続くターン、ゆうやはポクチンちんで自らのデッキをシャッフル。

    誘発効果も有効な能力だが、ジョットガンジョラゴンの準備と

    侵略への牽制を優先する。

     

    レムきゅはここでやっとファーストアクション。

    今引き入れたボーンおどりチャージャーで加速しながら

    ドルハカバを墓地へ。

     

    ゆうやは予定通りにここでジョットガンジョラゴン。

    攻撃時にアイアンマンハッタンを捨てて3枚ブレイク。

    キザムがトリガーするものの、マンハッタンでサイコロプスを捨て、

    キザムはデッキの底へ。

    その後、キザムの誘発効果と封印が剥がれたときの効果を合わせて

    ポクチンちんが破壊される。

    レムきゅはジョラゴンのブレイク前に長考するも、そのまま通す。

    ここでドルブロがトリガーする。

     

    返すターン、

    レムきゅはドルハカバを召喚し、封印が剥がれた時の効果で

    スレイヤーを付与し、ジョットガンジョラゴンと相打ちを取ってターンを返す。

     

    ゆうやは再度ジョットガンを召喚して攻撃するが、

    レムきゅはドルブロでは無く、手札からのハヤブサマルでブロック。

    返すターン、再びドルハカバからのデッドゾーンでジョットガンを破壊する。

     

    そして、ここまでガヨウ神を引き込めていない

    ゆうやはついに攻め手が尽き、何も出来ずにターンを返す。

     

    その返し、レムきゅは

    デッドゾーンでトリプルブレイクしてターンを返す。

    余りにも怪しい攻撃なので、何かしらの防御手段があるに違いないが、

    ゆうやは自身が出来る事を冷静にやりきる。

    3体目のジョットガンジョラゴンを召喚して攻撃。

    アタックトリガーでガヨウ神を連鎖させ、

    キングザスロットンを経由して戦線を横に広げ、

    ポクチンちんでデッキを修復し、レムきゅの回答を待つ。

     

    レムきゅからの回答は、

    この場面で唯一にして最高の回答である、ハンゾウからの禁断爆発。

    すべてのクリーチャーが封印され、ターンがレムきゅに移る。

     

    そして、デッドゾーンとドルマゲドンの攻撃で、見事レムきゅが勝利を掴んだ。

     

     

    優勝は レムきゅ!

       おめでとう!!

     

     

     

     

    上位入賞者発表

     

    優勝 レムきゅ 選手

     

    赤黒デッドゾーンデッキです

     

    当日、クロネコ選手のアドバイスで急遽使用デッキを変更したとのことです。

     

     

     

    準優勝 ゆうや 選手

     

    マンハッタンジョーカーズデッキです

     

    ムシ無視のんのんが4枚フル投入です。

    ワイルドシールドクライマックスの2枚目も珍しいですね。

     

     

    第3位 ばら 選手

     

    サッヴァーク型のチェンジザダンテです。

     

    筆者はこの形は始めて見ました。

    大変興味深かったのですが、ご本人の送別会を待たせているとのことでしたので、

    残念ながらデッキに対するインタビューは出来ませんでした。

     

     

     

    第4位 ぎゃる男 選手

     

    星龍オールデリートです

     

    福山のCSでも優勝していたため、話題に上っていましたが、

    それとは違った形のようです。

     

    海魔城ティーツーを使うレシピが多い中、

    こちらのデッキはファントムベールの採用が目を引きますね。

     

     

     

    ベスト8 YUNO 選手

     

    チェンジザダンテです。ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ入りです。

    轟轟轟ブランドとの対戦で活躍したとのことです。

     

     

     

    ベスト8 西川航平 選手

     

    ジョラゴンジョーカーズです

     

     

     

    ベスト8 しない 選手

     

    赤白轟轟轟ブランドです。

     

     

     

    ベスト8 スノウ 選手

     

    赤単轟轟轟ブランドです。

    愛媛からはるばる参戦してくださいました。

     

     

     

    サブイベントのプレイマット争奪トーナメントは、

    参加者21名で争われました

     

    サブイベント優勝

     あるす@選手

     

    デッキはウーニループでした