レプトン カード館 五日市店 第2回 バディファイト レプトンカップ プレミアムデッキ紹介!

2017.08.21 Monday

0

    第2回 バディファイト レプトンカップ プレミアム

     

    大会レポート

     

    8月19日開催の今回は、16名での開催になりました。

    皆さま、暑い中のご参加 お疲れ様でした。ありがとうございました。

     

    12・13日は、お盆帰省のため参加できない方が多いとのことで、

    お盆明けに開催日を用意いたしましたが、

    お盆にまとめてお休みを取ったため逆に参加できない方もいらっしゃったようで、

    なかなか皆さんのご期待のスケジュールで組立てられませんでした。

     

    次回9月は、もっと多数のご参加していただきたいです。

    よろしくお願いいたします。

     

     

    《参加デッキの分布》

    (参加者全員の皆さんからデッキリストの提出を

      いただいておりませんので、

      デッキの内容は対戦の一部だけを見て記載しております。

      また、分類が分かるもののみ記載しております。

      誤りがある可能性もありますので、予めご了承下さい。)

     

    ダークネスドラゴンワールド…5名

    (黒竜…3 煉獄騎士…2)

    カオス…1名

    ドラゴンワールド…2名

    (雷帝軍…1 エネルゲイア…1)

    ドラゴンツヴァイ…2名

    カタナワールド…1名

    ヒーローワールド…2名

    (ゼータ…1名 カイゼリオン…1名)

    エンシェントワールド…1名

    (竜王番長…1名)

    レジェンドワールド…2名

    (トイレ…1名)

     

    2弾続けて強化されたダークネスドラゴンワールドが1番人気でした。

    前回は0名だったドラゴンツヴァイも今回は2名でした。

    逆に、毎回人気のスタードラゴンワールドが姿を消しました。

    これまでスタードラゴンワールドを使っていたプレイヤーが対策を予想して避けたこと、

    ドラゴンフォース正義の型が手に入りにくくて組むのが難しいこと、

    などが使用者が減った原因のようです。

     

     

    《大会レポート》

     

    大会は、前回チャンピオンのセンセイ選手が初戦で破れる波乱の幕開け。

    カオスデッキで参戦でしたが、ライフ11点で安全圏と思われるところから、

    相手の無角邪王ネグロバルスの効果で突如30点ダメージ!!

    カオスデッキは午前中の通常大会でも流行しており、

    プレミアム大会ではキッチリ対策されている印象でした。

    前回決勝進出のりょう選手も初戦で敗北を喫しており、

    前回の勝ち組が今回は苦戦した模様です。

     

    流行が大きく変わった今大会を勝ち抜いたのは

     

     

    1位 ペペロチ選手

     

     

    モンスター

     

     

    収録弾

    レア度

    バディ

    5

    煉獄騎士団を束ねし者 ロード・ディミオス

    レディアント・エヴォリューションVS断罪 煉獄騎士団

     

     

    4

    哀悼の煉獄騎士団団長ガイスト・ディミオス

    よっしゃ100円ダークネスドラゴン

    シークレット

     

    3

    C・ダリルベルグ

    カオスコントロールクライシス

    超ガチ

     

    3

    煉獄騎士団グラッジアロードラゴン

    よっしゃ100円ダークネスドラゴン

    ガチ

     

    3

    煉獄騎士団ネクロパームドラゴン

    カオスコントロールクライシス

     

    3

    煉獄騎士団ディミオスソード・アーリー

    よっしゃ100円ダークネスドラゴン

    レア・シークレット

     

    3

    煉獄騎士団シーフタン・ドラゴン

    よっしゃ100円ダークネスドラゴン

     

    3

    煉獄騎士団ニードルクロー・ドラゴン

    レディアント・エヴォリューションVS断罪 煉獄騎士団

     

    必殺モンスター

     

     

     

     

     

    2

    煉獄騎士団団長ディミオスソード”カオス・エクスキューション”

    バディファイトコレクション

    ガチ

    魔法

     

     

     

     

     

    3

    悪の凶宴

    リボーンオブサタン

    超ガチ

     

    4

    煉獄魔導 血盟陣

    よっしゃ100円ダークネスドラゴン

     

    4

    我らが行くは血濡れの魔道

    レディアント・エヴォリューションVS断罪 煉獄騎士団

     

     

    3

    煉獄騎士よ永遠なれ

    煉獄ナイツ

    ガチ

     

    4

    ドラゴンシールド黒竜の盾

    よっしゃ100円ダークネスドラゴン トライアルデッキゼツメイの黒竜 など

    アイテム

     

     

     

     

     

    4

    煉獄騎士団団長の剣ディミオス・ソード

    レディアント・エヴォリューションVS断罪 煉獄騎士団

     

     

    1

    DEATH死揮棒シュテルベン

    ミカドエボリューション

    レア

     

     

    決勝はダークネスドラゴンワールドの煉獄騎士団の同キャラ対決でした。

    最終戦は、レポート書くために対戦席に向かおうとしたときには

    もう決着してしまっていましたので、詳しい展開は不明ですが、

    見事、後攻1ターンキルを決めての勝利だったとのことです。

    優勝おめでとうございます。

     

     

     

    2位 ストレイトクーガー 選手

     

     

    こちらも煉獄騎士団デッキです。

    こちらは、自分の動きを重視して、盾の枚数を減らしたデッキ構成とのこと。

    決勝戦では残念ながら裏目に出てしまいましたが、「我らは不死なり」など、

    ネット頼みではない独自のカード選択が光るデッキでした。

     

     

     

    3位 帰ってきたオウジ 選手

     

     

    3位入賞は、小学生ファイターの帰ってきたオウジ選手です。

     

    なんと、こちらもダークネスドラゴンワールド。

    最終戦は、決勝卓と同じくこちらもダークネスドラゴンワールド同士の対決で、

    絶体絶命の場面からドラゴンフォース“逆襲の型”を決め、見事な大逆転で勝利を掴みました。

     

     

     

    4位 タケウチ選手

     

     

    ベスト4にダークネスドラゴン以外で唯一入賞されたのが、

    こちらも小学生ファイターのタケウチ選手です。

    必要カードが揃いきっていない印象の雷帝軍デッキですが、

    それでも上位に残る見事な結果。

    小学生ファイターの皆さんも、限られたおこずかいをやりくりして、

    大人たちに負けずに戦いぬいたタケウチ選手のようなファイターを目指して頑張って欲しいです。

    雷帝軍は10月にさらに強化される予定なので、

    今後も非常に楽しみですね。

     

     

    《総評》

    さて、今大会の勝ち組はダークネスドラゴンワールドでした。

    対戦成績を集計したところ、上位3名と、

    オウジ選手の最後の対戦相手の4名のダークネスドラゴンデッキは、

    ダークネスドラゴンワールド以外の相手に全て勝利しています。

    まさに、ダークネスドラゴンワールドの完全勝利と言える結果となりました。

     

    次回9/9(土)に行われる第3回大会では

    牙城を崩すデッキは現われるのか?

    それとも、さらに勢力を増やすのか?注目です!

     

    第3回大会へのご参加お待ちしております。