レプトン カード館 五日市店 第49回 デュエルマスターズCS 優勝〜ベスト8、サブイベントデッキ紹介

2019.03.15 Friday

0

    第49回 デュエルマスターズ

     

    レプトンカード館CSレポート

     

       文責 森田克伸(ヘッドジャッジ)

     

     

    今大会は、残念ながら、定員を大きく下回る

    65名での開催となりました。

    黒崎CS・岡山駅前CSの両CSと日程が重なり、

    あいにくの悪天候で当日参加の方もいつもと比べて少なかったです。

    当日開催されていた、

    日本一決定戦を視聴されていたという方も多かったかもしれませんね。

     

     

     

     

    デッキ分布 

     

     

    ジョーカーズ・デスザーク・トリガービートで塗りつぶされた

    かつての2ブロック構築はもはや昔の話。

    様々なデッキタイプがしのぎを削る、

    かなり良い環境となった事が伺えます。

     

    殴らずに勝つコンボデッキも一定数存在するため、

    以前ほどトリガー偏重の環境では無くなったことも個人的には好印象です。

     

     

     

    ベスト8

    Jチェンジ型緑ジョーカーズ(ジョラゴン無し)

    青赤覇道…2

    緑黒バラギアラ…1

    4Cバラギアラ…1

    轟覇天…1

    ムートピア…1

    赤白轟轟轟ブランド…1

     

    ビート・コンボ・コントロールと幅広いタイプのデッキが結果を残しました。

     

     

     

     

    決勝対戦レポート

     

    げお選手(Jチェンジ型緑ジョーカーズ)

      VS ゲキカラ選手(黒緑バラギアラ)

          (以下、敬称を略させていただきます)

     

    ゲキカラは、DMPランキングで昨年度広島県5位の強豪。

    コンスタントに勝利を重ね、

    昨年度はCSで2回の優勝を果たしている。

    準決勝では、不利な対面となる、

    白入りの4Cバラギアラとのバラギアラ対決を制しての勝ち上がりとなる。

     

    対するげおは、当CSの出場は2回目。

    他所を合わせても数えるほどの出場という新鋭だ。

    オリジナリティ溢れるJチェンジ型ジョーカーズを駆り、

    ここまで勝ち上がって来た。

     

    先手はげお。

    2ターン目のタイクタイソンズから、

    3ターン目にはオラオラジョーカーズを唱え、

    タイクタイソンズがJチェンジで天体かんそ君。

    タイクタイソンズの場を離れたときの効果と天体かんそ君の

    出た時の効果で計2マナチャージ。

    一気に6マナに到達してみせる。

     

    ゲキカラも、2ターン目は動きを見せないものの、

    3ターン目には魂フエミドロでの2マナブーストから

    レッツゴイチゴに繋ぎ、計6マナにしてターンを返す。

     

    続くターン、げおはジャンゴニャーンズをNEO進化で召喚。

    攻撃からJチェンジでオラマッハザジョニーに入れ替えて、

    Tブレイク+ジャンゴニャーンズの効果で追加の1ブレイク。

    一撃でゲキカラのシールドを削りきる。

     

    ゲキカラはSトリガーでデーモンハンドとナチュラルトラップを宣言。

    デーモンハンドから解決するゲキカラに対し、

    げおは、守りきる事は出来ないものの、

    デーモンハンドはオラマッハの効果で打ち消し、

    ナチュラルトラップでマナに送られることを選ぶ。

     

    追い込まれたゲキカラだが、ツインパクトマップから長考に入る。

    デンジャデオンの裁定を確認し、最善手を模索する。

    げおの残る手札は2枚。

    勝負を決める1枚はそこにあるのか?

     

    意を決したゲキカラは、1ターンの間ガードを空けて、

    ロストソウルで後続を断つことを決断した。

     

    攻め手を全て失ったげおだが、勝負はあと1度の攻撃で決まる。

    ほぼこのドローで勝負が決まるであろう運命のドロー。

    そこでげおが引いたのは…

     

    ドンジャングルS7!!

     

    げおは、ドンジャングルを召喚し、

    効果でジャンゴニャーンズをマナからNEO進化で

    ドンジャングルに重ねて召喚。

    数少ない回答を引き当てたげおが、

    ゲキカラにダイレクトアタックを決め、勝利をもぎ取った。

     

     

     

    優勝は げお !! 

     

    おめでとう!

     

     

     

     

     

    上位入賞者デッキ発表 

     

    優勝 

     

    げお 選手

     

     

    Jチェンジ型緑ジョーカーズです。

     

    オリジナリティーあふれるデッキで、見事優勝を果たしました。

    ジョラゴンの不採用、ジャンゴニャーンズの採用など、

    これまでのジョーカーズデッキとは一線を画す、

    全く新しいデッキとなっています。

     

    2ブロック構築は、これまで長く研究され続けて来た殿堂構築と比べると、

    未知のデッキに可能性が残されている可能性の高い環境と言えると思います。

    テンプレに身を任せず、

    未知なるデッキの追求を続けたげお選手を称えたいと思います。

     

     

     

     

    準優勝 

     

    ゲキカラ 選手

     

    黒緑バラギアラです

     

    準決勝では、相性不利な白入りのバラギアラと対面しましたが、

    チャフ→カッターといった簡単なゲームに持ち込ませず、

    相手の攻撃のスキを見事について勝利を収めました。

     

    基本パーツは同系となるロングゲームでしたが、

    短時間で正解を導き出し、省略できるところは省略し、

    見事に制限時間に間に合わせて、最終ターンで勝利を掴んで見せました。

     

     

     

     

    第3位 

     

    しない 選手

     

    赤青覇道です

     

    マグナムルピアや末法チュリスを不採用とし、

    ゼンメツースクラッパーを採用しています。

     

    準決勝ではげおと熱戦を繰り広げ、

    初の対戦だったとの頃ですが、対戦後に熱い握手を交わし、

    相手の次の試合にエールを送っていました。

     

    筆者にも、遠征先で対戦した相手と意気投合して、

    今でも連絡を取り合う仲になった友人がいます。

    人との良い出会いは人生を変えることもあります。

    そういった、皆さんの物語を作る場所になっていければ、

    これに勝る喜びはありません。

     

     

     

     

    第4位 

     

    流星 選手

     

    4Cバラギアラです

     

    惜しくも決勝進出は逃しましたが、ゲキカラとの激闘では、

    ジャミングチャフかダイヤモンドカッターを

    手に入れられればという状況に持ち込みましたが、

    時間に追われる形で攻撃に入らざるを得ず、

    無念の敗北を喫してしまいました。

     

    試合後は、謙虚に、相手の方は常に早くプレイしていたので、

    申し訳なかったとコメントされたのが印象的でした。

     

     

     

     

    ベスト8 

     

    ZAKI 選手

     

    青赤覇道です 

     

     

     

     

    ベスト8 

     

    アストラルリーフ 選手

     

    緑単轟覇天です

     

     

     

     

    ベスト8 

     

    いけだ# 選手

     

    ムートピアです

     

     

     

     

    ベスト8 

     

    パウロ 選手

     

    赤白轟轟轟です

     

     

     

     

    サブイベント

    のプレイマット争奪トーナメントは

    殿堂構築で、参加者20名で開催しました 

     

    サブイベント優勝 

     

    おぷしょん 選手

     

     

    デッキは赤青覇道でした